最新情報

2月はWEB講習会で勉強です。

こんにちは。天白区平針の飯野歯科です。

2月になりました。明日は節分。豆撒きです。コロナ鬼をやっつけて、元気に生活したいですね。

 

 1月の中頃から、歯科医師会主催の研修会、講習会が度々開かれています。

歯科医療安全対策研修会、介護認定審査会委員研修会、愛知県学校歯科保健研究大会などなど、毎年歯科医師会館で開催されるものが、今年はWEB配信です。

 

 

在宅ワークの方の気持ちが分かった気がしました。

 

学校歯科医の研修会は、子供たちに見せたい写真がいっぱいです。

 

↑ 右のサルは動物園のサル。左は野生のサルの歯です。柔らかい餌も与えられる動物園のサルには歯周病があります。歯石も、歯茎の腫れもありますね。

 

↑ 舌や頬の筋肉を鍛える体操です。

 

 WEB配信の講習会は、会場まで出かける時間が省けるので、いつもは時間がなくて参加出来ない会も聴講することができて有難いです。

2月も、いくつかの講習会が開催されるので聴講する予定ですが、ステイホームの今にはピッタリです。

楽しい話題がありましたら、皆さんにもご紹介したいと思います。

今月も、しっかり感染対策してまいります。

皆様も、ご自愛ください。

飯野歯科院長 飯野新太郎

歯磨きでエアロゾル発生!とNHKで。

おはようございます。天白区平針南の飯野歯科です。

今朝のNHKの番組で、『エアロゾル感染、洗面所での感染リスク』と題して、調査結果を放送していました。

NHKの映像です。

確かに、元気よく歯磨きをすると、歯ブラシによって口から飛沫が飛ぶことは考えられます。

また、高い位置から、うがいの水を吐き出すことは、水が飛び散ってエアロゾル発生につながるでしょう。

対処法→

 弱い力で、細かく歯ブラシを動かして磨いてください。歯科衛生士のやり方です。

 うがいの水は、静かに吐き出してください。歯医者では、吐き出す場所が近いので、飛び散ることはありませんが、勢いよく吐き 出すと、多少エアロゾル発生の原因になるかもしれませんので、静かに出していただくようお願いしようと思います。

そのほか当院では、換気も十分行っておりますし、削り粉が散らないように、口外バキューム装置も使用しております。

診療の休み時間には、オゾン発生器でオゾンを発生させ、ウィルスの不活性化をねらっています。

今後も、気づいたことはどんどん取り入れて、安全な治療を心掛けてまいります。

皆様も、ご留意ください。

飯野歯科院長 飯野新太郎

初詣もかねて、今日は鏡開きのどんど焼き?

こんにちは。天白区平針南の飯野歯科です。

今日は、成人の日で、鏡開きの日でもあります。

氏神様の針名神社へ、今年初めて行ってきました。例年ですと、今日は『どんど焼き』の日で、正月のお飾りを下ろして神社へ納めに行くのですが、今年はどんど焼きの行事はなく、詣でる方々も、パラパラとでした。

コロナ感染しないよう、神頼みです。対策が効果を発揮していますように!

 

突然ですが、針名神社の隣の農業センターの牛です!

今年は丑年!この牛は、おなかに赤ちゃんのいる牛だそうです。この牛舎にいる牛は、牛乳をしぼる牛で、おっぱいがポンポン。重たそうでしたが、見ると何だか嬉しくなってしまいました。

今年が、安心して子供を産み育てられる年になるように!と、おなかの大きい牛を見ながら願いました。

皆様も、どうぞご自愛ください。

飯野歯科院長 飯野新太郎

2021年 明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。天白区平針の飯野歯科です。

昨日、1月5日より、2021年の診療を始めました。

今年も、スタッフ一同、一所懸命診療に当たります。よろしくお願いいたします。

コロナ感染の勢いが衰えず、ドキドキの新年幕開けとなりました。

無症状の感染者が多いという事を頭に入れ、消毒に力を入れてまいります。

常に換気するため、窓が少し開けてあり、換気扇も回っておりますので、院内が寒いかもしれません。暖かくしておいでください。治療時のチェアーでも、ひざ掛けを用意しておりますので使ってください。

それでは、今年も元気に、皆さんのお口から体の健康を守るべく精進してまいりますので、よろしくお願いいたします。

飯野歯科院長 飯野新太郎 スタッフ一同

クリスマスのプレゼント (^-^)

こんにちは。天白区平針の飯野歯科です。

あと8日で、今年の診療も終わりです。コロナに終わる2020年ですね。

クリスマスまで数日。皆さんの今年のクリスマスは、それぞれの家族で楽しむ【お家クリスマス】でしょうか?

毎年、12月は、飯野歯科からクリスマスプレゼント‼  小さいけれど、お菓子の詰まったクリスマスブーツです。

もう、何年続いているでしょう?ブーツの色は、赤、白、ピンク、緑、青、ゴールド。ただし、毎年組み合わせが違います。

患者さんに選んでいただくのですが、「赤とピンクはあるから~」とおっしゃって、ほかの色を選んで行かれる方もあります。

毎年楽しみにしてくださっている方があると思うと、用意するのも楽しみです。

 

  受付のサンタさんです。

飯野歯科

『プレオルソ矯正』の勉強会

こんにちは。天白区平針南の飯野歯科です。

皆様、お変わりございませんか?

コロナ対策の院内清掃に、スタッフ全員右往左往する毎日です。

そんな中、先日、子供さんの歯列矯正器具『プレオルソ』の研修を受けました。当院では、数年前から取り入れているのですが、器具の柔らかさを変更するとの情報を受け、再講習を受けることにしました。

『プレオルソ』は、毎日起きている時の暫く、寝るときは必ず、お口に入れてもらう物で、本人の努力とご家族の協力が必要な歯列矯正器具です。顎の成長を促すための体操もお伝えします。

当院では、35000円に消費税で始めて頂いています。興味のある方は、遠慮なくお尋ねください。

 

飯野歯科院長 飯野新太郎

今年の締めくくり、12月になりました。

こんにちは。天白区平針の飯野歯科です。

12月になりました。コロナで始まりコロナで終わりそうな2020年。

感染者が増えて、自宅待機中の知り合いも耳にするようになりました。天白区にも迫ってきている感じ。感染対策を再確認しながら、毎日診療しています。

 空気清浄機とオゾン発生器です。

空気清浄機は待合室に置きました。オゾン発生器は、休み時間に使用しています。ウィルスを不活性化するそうです。

あとはやっぱり、換気!が大切です。ここ数日気温が下がってきて、細く窓を開けているだけでも寒いです。

スタッフも厚着を、患者様にもひざ掛けなどで、寒くないように考えていきます。

 

コロナの心配しながら、少しワクワクの12月。クリスマスが近づいてきました。受付のカウンターは、可愛くしてみました。

左に立っている丸いものは、加湿器です。クリスマスの飾りで、皆さんがニコニコになられます。

12月25日には、皆で楽しいクリスマスができるよう、コロナ対策頑張ります!

皆様も、お大事になさってください。  飯野歯科

いつまでも好物を!

こんにちは。天白区平針の飯野歯科です。

11月は「○○の日」が多い月で知られていますが、11月29日はなんの日かご存知ですか?
…答えは「いい肉の日」。いささか簡単過ぎたでしょうか?

人間の歯の数は、親知らずを含めないと28本が標準的な数です。
焼き肉が好きな方も多いと思いますが、美味しい焼き肉も歯がないと食べることができませんね。

例えば、このような焼肉定食。

焼き肉や繊維のある生野菜、漬物などは20本以上の歯がないときちんと噛んで食べることができないと言われています。

ということは、9本以上歯を失うとこのおいしそうな定食の右側半分は食べられなくなってしまうということですね。

また、「食事がとてもおいしい」と感じている人は平均20本の歯が残っていたのに対し、「おいしくない」と感じている人は平均11本しか残っていない、という調査結果もあります。

2016年の厚生労働省の調査では65~74歳までは残存歯平均20本を保っていますが、後期高齢者となる75歳以上になると約16本まで減ってしまっています。また、後期高齢者の約3割の人が総入れ歯を使用しています。

できることならいつまでも自分の歯でおいしく好きなものを食べられる生活がしたいですね。

年を重ねてからもより多く自分の歯を残すためには、若い頃からお手入れをしっかり行っていくことが非常に大切。

歯を失う原因は4割が歯周病、3割がむし歯です。歯を失う原因の実に7割は、歯科で定期検診を受けることで早期発見・治療が可能なのです。

「年をとったら入れ歯になるのが当たり前」でしょうか…?いつまでも好物が食べられる生活を目標に今からしっかりケアをしていきましょう!

『8020表彰』当院からは5名。おめでとうございます!

こんにちは。天白区平針の飯野歯科です。

11月8日は、『いい歯の日』でした。愛知県歯科医師会が主催する『8020運動』において、80歳で20本以上の歯を保っておられる方が表彰されました。

例年ですと、各区で表彰式を開いてお祝いするのですが、今年はコロナの感染を心配して式の開催は見送られ、推薦した歯科医院での表彰式となります。

当院からは、5名の方を推薦申し上げ、先日、表彰状と記念品が届きましたので、対象者にお渡ししております。

おめでとうございます。これからも、大切にケアしていってくださいね。

 

80歳まで20本の歯を保ち、シッカリ噛んで健康に過ごしましょう。

勿論、20本の自分の歯がなくても、入れ歯でも、差し歯でも、何でも噛めて楽しくお喋りができれば、健康的な楽しい毎日が過ごせます。そういうお口を目指して、毎日治療をしています。

今ある歯を、なるべく無くさないように、大切にしていくお手伝いをしていきます。気になることがあったら、いつでも相談してください。

飯野歯科院長 飯野新太郎

 

 

自動体温測定器『AI顔認証検温システム』

こんにちは。天白区平針南の飯野歯科です。

スタッフ全員で、インフルエンザの予防接種を受けてきました。皆さんも、接種されたでしょうか?予約が取りにくいようですが、希望される人には、早めに摂取できるようにしてほしいものですね。

 

現在、スタッフ全員、毎朝検温して、仕事に向かっています。

37.5度以上の発熱は、注意して養生しなければなりません。熱があっても割と平気な方もあるので、歯医者の入り口に、自動検温器を置きました。スリッパ置き の棚の上に置いてあります。スリッパを取ろうとすると、自然にカメラに顔が向いて検温してくれます。

暫く使ってみて、ちゃんと感知するのか見てみます。

熱があったら歯医者に来ないんじゃない?とか、歯痛で来院された方が微熱があったらどうする?など、頭を抱えることも考えられますが、やってみて考えることにしました。

ちょっと楽しい機械なので、体験してみて下さい。