2022年 6月 の投稿一覧

区別できていますか?「液体歯磨き」と「洗口液」

天白区平針南の歯医者、飯野歯科からのお知らせページです。

気持ちまでジメジメしてしまいがちなこの季節ですが、街の中に咲くきれいな紫陽花が心を明るくしてくれます。

最近は昔ながらの紫や青い花だけでなく、ホワイトグラデーションのピンク、さらには変わった形の花弁のものなど、さまざまな紫陽花を見かけるようになりましたね。

薬局やスーパーなどでよく見かける「マウスウォッシュ」。

手軽にお口の中をリフレッシュできるので、最近は利用されている方も多いですが、

「液体歯磨き(デンタルリンス)」「洗口液」に区別されていることにお気づきですか?

同じような見た目で同じエリアに陳列されていますが、よくラベルを見てみると、しっかり記載があるはずです。

混同されがちなこのふたつですが、大きな違いがありますので、確認しておきましょう!

液体歯磨き」とは?

その名の通り、「液体の歯磨き剤」です。

ただし、ブクブクするだけでは歯磨きをしたことにはなりません

一般的によく使用されている歯磨き粉と同じように、少量をお口に含み(またはお口に含んで吐き出し)、必ず歯ブラシでブラッシングをします。歯磨き粉とは違い、研磨剤が含まれていませんので、歯に傷がつきにくいのが特徴です。

使用後は成分を口腔内に残すよう、うがいをしないようにします。

液体をしっかりブクブクすることで有効成分がお口全体に行き渡りますので、むし歯歯周病の予防だけでなく、口臭予防お口のネバツキなど、お口全体への効果が期待できます。

 

洗口液」とは?

液体歯磨きとは異なり、お口をサッパリさせる」のが目的のものになります。

口臭の原因となるお口の中の汚れや食べカスなどを洗い流してくれます。歯磨きができない時などに気軽に使うことができますが、歯磨きの代わりにはなりません

しっかり歯磨き剤を使ってブラッシングを行いましょう。

 

商品ごとに「歯周病予防に強い」「歯垢がつきにくくなる」「フッ素入り」「アルコール配合」「ノンアルコールなど、特徴が表示されています。

ラベルをしっかり読み、ご自分の目的にあったものを上手に選んで使用しましょう!

今しか見られない、歯の萌出直前の歯茎!

こんにちは。やっとコロナ感染者数が落ち着いて、街に人が溢れるようになってきました。

子供たちのマスク着用も、そろそろ終わりにしてあげたい。暑い時期の熱中症も心配ですが、マスクの中でお口がポカンと開いていると、歯並びに影響してくるのです。息苦しさでつい、口呼吸になってしまうのが原因でしょうが、綺麗な歯並びに成長していくように、マスクなしで、自由に大口開けてお喋りできる毎日が、早く戻ってきてほしいと願うばかりです。

 

先日、可愛い9カ月のお子さんのお口を見て、とても嬉しくなったのでご紹介します。

歯のない歯茎の、薄皮1枚下に2本の歯が隠れているのです。今は虫歯菌も歯周病菌もいない、綺麗なお口。ここに歯が生えてくると、うっかり知らないうちに虫歯菌をもらってきたりして、お口のケアが始まるわけです。

乳児から子供に変わっていくんだな。ステージが上がって、素晴らしい将来が始まっていくんだな。頑張ってよ!なんて、嬉しく、励ましたくなってしまいました。

歯茎の中に下の前歯2本がスタンバイしています。

元気に大きくなってね。

 

飯野歯科院長 飯野新太郎

 

もう一つ*クジャクサボテン*が咲きました

こんにちは。天白区平針の飯野歯科です。

やっとコロナ感染者数が落ち着いてきましたね。そろそろ歯医者には、4回目のワクチンの接種券が届きそうです。60歳以上のスタッフは勿論接種いたします。4回目は、発熱しないかしら?と少しドキドキです。

 

さて、今は、6日月曜日に日にちが変わったばかりの午前0時30分です。

1週間前に一輪開花して大喜びした『クジャクサボテン』が、もう一輪を咲かせました。明日1日、歯医者の待合室で患者様に見て頂こうと思います。ほのかな甘い香りも楽しんでいただけたらと思います。

おやすみなさい。

飯野歯科 院長 飯野新太郎

虫歯予防の日

こんにちは。天白区平針南の飯野歯科です。

6月4むし歯予防の日

そしてこの日から1週間は「歯と口の健康週間」です。

日本人は毎日歯を磨いている人がとても多い国ですが、習慣として漫然と磨いていることが多く、磨いている割にはむし歯ができてしまう、という問題があります。

そこで今回は、クイズ形式でむし歯予防についての知識を深めてみましょう!

Q1. 一番むし歯になりやすい歯は?

A.前歯   B.犬歯   C.臼歯

Q2. むし歯になりやすい場所は?

A.歯の凸凹  B.歯と歯の境目  C.歯と歯肉の境目

Q3. 歯ブラシだけで落ちる歯垢は全体の…?

A.60% B.70% C.80%

Q4. 歯磨きのあとのうがいは?

A.たくさんの水でしっかり何度もした方が良い

B.少量の水で1~2回で良い

Q5. 歯科に来るのは?

A.お口のトラブルが出てからで十分!

B.定期的に検診を受け、メインテナンスを受けたほうが良い

答え

Q1. 一番むし歯になりやすい歯は?

C. 臼歯
親知らずもとてもむし歯になりやすいので、少しでも顔を出している場合はしっかり磨いてあげましょう!


Q2. むし歯になりやすい場所は?

A. 歯の凸凹  B.歯と歯の境目  C.歯と歯肉の境目
全部正解です!
優しい力で小刻みに歯ブラシを動かして、意識的にしっかり磨いてくださいね。歯並びが悪い場所、詰め物・かぶせ物の周囲も注意が必要です。


Q3. 歯ブラシだけで落ちる歯垢は全体の…

A.60%
歯ブラシだけでは歯垢除去能力に限界があります。歯ブラシが届かない・入れない場所はデンタルフロスや歯間ブラシ等を用いると80~90%ほどにアップします!


Q4.歯磨きのあとのうがいは

B.少量の水で1~2回で良い
Aのようにしっかりうがいをしたくなるところですが、歯磨き剤に含まれるフッ素がお口の中から流れ出てしまいます。フッ素をお口の中に留め、定着させることがポイントです。


Q5.歯科に来るのは

B.定期的に検診を受け、メインテナンスを受けたほうが良い
これはトラブルが出る前に予防した方が良いに決まっていますね!
最近は定期検診・定期メインテナンスにいらっしゃる方が増えていますが、痛みなどの症状が出てからの方がまだまだ多いのが現状。
症状がないとつい後回しにしてしまいますが、歯科に来る日数や費用、お口や身体の健康を人生の中のトータルで考えると定期検診・定期メインテナンスを受けた方が断然お得です!

いかがでしたか?

ちょっとした知識ですが、頭の片隅に置いておいてくださいね。毎日の積み重ねで大きな違いになりますよ!