2022年 2月 の投稿一覧

歯周病予防のカナメ『スケーリング』の豆知識

こんにちは。天白区平針南の飯野歯科です。

 

まだまだ寒い日が続きますが、各地で梅の開花が報告され始めています。
春の暖かさまであと一息、もうしばらくの我慢ですね。

歯についた歯石を取ることを歯科用語で「スケーリング」と呼び、スケーラーという専用の道具を使って歯石を取ります。

スケーラーにも種類があり、ハンドスケーラーは鋭利なフック状の先端を使って手で1本ずつ丁寧に歯石を削り取って行きます超音波スケーラーは水を歯に当て、超音波の振動で歯石を砕いて取り除いていきます。

歯周病がある程度進んで歯の根っこと歯肉が剥がれて歯周ポケットができ、その中に付いてしまった歯石を取り除くことをスケーリング&ルートプレーニング(SRPと言います。

スケーリングを行い、歯垢などの細菌が浸透して汚れてしまった歯の根っこのセメント質を除去して、ツルツルに磨いて細菌が付着しにくい環境を作り、歯周ポケットになっている歯の根っこと歯肉がまた付着するよう促します。

SRPは、歯周病が進行して歯肉が炎症を起こしているところに行うのでどうしても出血しやすいですが、そのあとは歯肉が引き締まって前より状態が良くなりますので安心してくださいね

また、スケーリング後は歯石が除去されて刺激に敏感になるため、知覚過敏のようになることがあります。これも一時的なものですので、収まるまでは優しく歯磨きをしたり、冷たいものを避けたりするようにしてください。

 歯石は、一度とってもいずれまたついてしまうものです。
重度の歯周病にまで進行すると、歯肉を切開する手術を行う歯石除去が必要になることもあります
そうならないように定期的に歯科でスケーリングなどの治療を受け、歯周病の進行を押さえましょう。

愛知県歯科医学大会 その2

こんにちは。天白区平針南の飯野歯科です。

2月20日の歯科医学大会の講演の中には、皆さんにお伝えしたい内容がいくつかございました。

『あいうべ体操』が、綺麗な歯並びと、病気にならないために有効だということは、このブログでも度々お伝えしていますが、コロナの予防にも有益と話されていました。

『あいうべ体操』は、鼻呼吸を促すお口の体操です。

口から空気を取り込むと、直接口の中や喉にウィルスが付いてしまいますが、鼻から呼吸することで、鼻粘膜にある一酸化窒素がウィルスを殺菌してくれ、体に取り込まれることを防御してくれています。

  

鼻から呼吸すれば、綺麗な空気が体に取り込まれるということです。

 

鼻呼吸になると口を閉じますよね。唇を閉じているという状態が、歯並びやお口の癖を治すのにも、良い役割を果たします。

歯医者でも『あいうべ体操』を勧めているのは、歯並びが良くなり、ひいては体にも良いということが分かっているからです。

あいうべ体操のやり方をおさらいしましょう。ぜひ、家族皆で始めてください。

飯野歯科院長 飯野新太郎

 

愛知県歯科医学大会2月20日 その1

こんにちは。天白区平針南の飯野歯科です。

愛知県歯科医学大会が、ZOOMで開催されました。

歯科医師会、歯科衛生士会、歯科技工士会が一堂に勉強する機会ですが、今回は集まることはできず、パソコン画面を見つめての講演会となりました。コロナ予防に関する演題、歯科医院内を整理して働きやすくする演題など、知らなかった事や、気づいていなかった事に気づけて有益でした。

1.コロナオミクロン株は、鼻、喉で増殖し、症状を出してくることが多いそうです。症状が治まっても、慢性上咽頭炎として残り、何となく体調が悪い状態を引き起こしているということでした。

お口からのうがい、鼻うがいが有効ということでした。

歯医者では、診療の前に、必ずうがいをしていただいています。うがいの後の水受けは、治療後に綺麗に消毒しています。歯医者から感染がないのは、そのおかげだなと確信しました。

飯野歯科院長 飯野新太郎