障がい者歯科認定協力医研修会

こんにちは。天白区平針の飯野歯科です。

愛知県は、雨の少ない梅雨になっています。朝晩は比較的涼しいので助かりますね。

でも、家庭菜園を作っておられる患者さんの話を聞くと、梅雨らしく雨が降ってくれないので作物がうまく育たず困っているとのこと。5月の高温や、6月の空梅雨。気候の定まらないこの頃は、お百姓さんにとって大変なんだなと知りました。

体調管理も難しい時期です。免疫力が落ちると、歯周病も進みますので、皆さんご自愛くださいね。

先日、障がい者歯科認定協力医の私は、研修会と講演会に行ってきました。

演題は、「自閉症児の歯科治療」、「自閉スペクトラム症の子供たち」

自閉症は、脳の特性から起きる障がいです。

それぞれの患者さんの特性を踏まえて、治療、指導させていただくことが大切と再確認しました。

そのために、せかさず、慌てず、穏やかに。でもメリハリよく!…自閉症の方へだけでなく、どなたにも当てはまることでした。

どの患者さんとも、安心できて、何でも話せる関係を築いていこう!と改めて心に誓いました。

 

 

飯野歯科院長 飯野新太郎