2月になりました。パタカラ体操しましょう!

こんにちは。天白区平針の飯野歯科です。

2月になりました。インフルエンザが猛威を振るっていますが、皆さんお変わりないですか?

風邪で数日寝込むだけで、高齢者の方は色んな所の筋肉が衰えると言われています。

そのせいで、口の筋肉や舌の動きが弱くなって、飲み込むことに障害が起きてくることがあります。

食べ物や唾液が、うまく食道に流れず、気管に入ってしまうことを、『誤嚥』といいます。食事やお茶の時に、むせてしまう事ありませんか?

思い当たることがある方は、ぜひ、『パタカラ体操』を始めましょう!

 

『パパパパパ、タタタタタ、カカカカカ、ラララララ』

を3回繰り返し発音すればOKです。

1、パは、口をしっかり閉じてから発音する。

2、タは、舌を上あごに押し付けてから発音する。

3、カは、喉の奥に力を入れ、喉の奥を意識してから発音する。

4、ラは、舌を丸めておいてから発音する。

どれも、『大きな声で』、『はっきりと』意識して声に出してください。

食事の前にすることがお勧めです。飲み込む準備体操ですね。

この、パタカラ体操のパンフレットは、皆さんに差し上げていますので、欲しい方は遠慮なく受付におっしゃってください。

まだまだ寒い2月も、しっかりと美味しいものを食べて、風に負けない体を維持していきましょう。

飯野歯科院長 飯野新太郎