2018年 11月 の投稿一覧

ホームホワイトニング その1

こんにちは。天白区平針南の飯野歯科です。

11月も半ばになり、紅葉の便りが届いています。落ち葉も色とりどりで美しいですね。

 

最近、受付の私は、前歯の着色が気になってホームホワイトニングを始めました。

歯の形に合ったトレイに、自分で薬を入れて、トレイを歯に装着します。

1日1回、2時間まで。好きな時間にできるので便利です。

最長2週間、毎日つけることができます。ワクワク、ドキドキで始めます!!

 まずは、上の歯です。

 

3日目で、少し黄ばんだ色が白くなってきました。

今まで、自分の歯をじっくり見たことがなかったので、写真を撮ってよーく観察したら、あちこち着色していて驚きました。綺麗になるといいなぁ。

また、報告させていただきます。着色汚れのある歯の大写しでゴメンナサイ。

飯野歯科 受付 飯野準子

 

 

 

『ノートルダムの鐘』観劇会

こんにちは!
歯科衛生士の加藤です

土曜日の診療後に劇団四季の「ノートルダムの鐘」を鑑賞しに連れて行って頂きました♪

ディズニーにしては珍しく悲しいお話でしたが、役一人一人の性格や場面での感情を素敵な歌と演出であっと言う間にストーリーの中に引き込まれてしまいました。
そして、劇中で何度も出てくる大きな鐘はやはりとてもかっこよかったです‼︎

その後、栄へ移動しすしざんまいでお寿司を頂きました!
どのネタも美味しく、あっという間に食べてしまいました(^O^)

 

芸術の秋と食欲の秋を堪能した1日となりました

歯科衛生士 加藤朱華

11月8日は何の日?

11月8日は何の日かご存知でしょうか?

知らない方でも、もしかしたらすぐにピン!ときたかもしれませんね。

 

そう、毎年11月8日は「いい歯の日」なんです!

 

 

「い(1)い(1)歯(8)」

…これ以上の説明が必要ないくらい、とても覚えやすいですね!

 

「いい歯の日」は歯科保健啓発活動の一環として1993年に設定されました。

「お口の健康と全身の健康は大きく関係している」ということが最近の研究でわかってきています。

 

たとえば高齢者においては、歯が多く残っている人ほど認知症の割合も少なく、高齢者の寝たきりの原因になりやすい「転倒」をしにくいことがわかっています。また要介護認定を受ける割合も歯が多く残っている人の方が少ないそうです。

 

「歯を多く残す」ことは「よく噛めて、しっかり食事・栄養を摂ることができる」ということだけではなく、体のバランスを保ち、また、長く健康的な生活を送る上でも非常に重要なのですね。

 

もちろん自分の歯が多く残っているのに越したことはないですが、もし歯を失ってしまったとしても、入れ歯などを使用して補うことは可能です。その場合は歯科医院でしっかり入れ歯の調整をして、噛み合わせを良く保つことが重要です。

 

「80歳で20本の歯を残そう」という運動が始まってから30年ほど経ちます。

1988年の調査では80歳以上で20歯以上有する者(8020達成者)の割合はたったの7.0%だった状況が、2016年には51.2%まで上昇しました。

これはこの30年の間に日本人の健康維持への意識が向上し、むし歯や歯周病予防への意識が高まった結果に他なりませんね。

 

 

まだ若い方も、将来の明るく健康的な生活のために今から歯科で定期的にメンテナンスを受けてくださいね。数十年後のお口の状態が全然違いますよ!