2017年 12月 の投稿一覧

今年の最後は訪問診療でした。

こんばんは。天白区平針南の飯野歯科です。

数人の心配な患者様も快方に向かい、ちょっと安心して正月休みに入りました。

今年一年、無事に過ごさせていただけたことに感謝。

今年の最後の患者さんは、義父でした。入院中のリハビリ病院に訪問し、義歯の修理とお口のクリーニングをしてきました。

飲み込むことが下手になった義父は、今はゼリーしか食べさせてもらえません。お口のトレーニングもしてきました。

  

ゼリーだけしか食べられないのですが、飲み込むのに入れ歯が動くと飲みにくいそうです。

歯茎にピッタリになるように修理し、ちょっとの事では外れなくなりました。

歯の根っこが残してあるところから出血していたりしています。抵抗力が落ちているからでしょうか。うがい薬での消毒をお願いし、また様子見に伺おうと思っています。

 

 

入れ歯ピッタリ、お口もスッキリして、義父はニコニコ笑顔になりました。


お口から美味しく食べるために、お口のケアは大切です。歯医者においでになるのが大変な方のお宅には、往診=訪問診療にお伺いします。遠慮なくお電話ください。

 胃ろうの高齢者とは思えない義父です。

私も負けずに、来年も元気に頑張ります!

皆さん良いお年をお迎えください。

飯野歯科院長 飯野新太郎 29年12月31日

 

お正月休みのお知らせ

こんにちは。平針南の飯野歯科です。

12月30日より1月4日まで、お正月休みとさせていただきます。

よろしくお願いいたします。

尚、急な痛みのある方は、院長自宅にお電話ください。

在宅の限り診察させていただきます。

052-804-4765です。

2017年忘年会\(^o^)/

こんにちは、平針南、飯野歯科の歯科衛生士、小出です。

ここのところグッと寒くなりましたね…
寒いときはお鍋ということで先日錦にある「まるぜん」さんで飯野歯科の忘年会がありました。
こちらでは究極のあんこう鍋をいただきました!!
初めてあんこうを食べたのですがフワッと柔らかい部分とコラーゲンたっぷりのプリプリの部分があり、いろいろな食感を味わえました!


究極ということであんこうのほかにも伊勢エビや牡蠣も入っていました*(^o^)/*
そしてお鍋の締めは雑炊♡
たくさんの具材から出たお出汁で食べる雑炊は本当に美味しかったです!
食べ終わった後は体がすごくポカポカになりました!!
風邪をひかないように年末まで乗り切りたいと思います!!!

  飯野歯科 歯科衛生士 小出優里

今シーズン初めてのヒラメ釣り

やっぱり大好きな釣り!

こんばんは。天白区平針南の飯野歯科院長、飯野新太郎です。

今シーズンのヒラメ釣りが始まっています。

私も今日やっと、ヒラメ釣りの乗合船に乗れました!!

風の少ない穏やかな日でしたので、楽しい釣りでした。

腰痛も治っちゃいました!!

  

飯野歯科院長  飯野新太郎

お口の体操!しましょう

こんにちは!平針南の飯野歯科です。

誤嚥性肺炎で入院していた父の嚥下訓練が、リハビリテーション病院に転院して始まりました。

お口の体操をしてから、ゼリーを食べたそうです。

久しぶりにお口から食べたので嬉しかったそうで、「コーヒー飲みたいな、パンが食べたいな!」と希望が膨らんでいます。目標ができて、リハビリにも力が入ります。

年を取った父には、食べることは一番の楽しみです。できなくなって初めて、それに気づきました。

何とか、コーヒーが飲めるようにしてあげたいです。

 

飲み込む、喋るなどのお口の筋肉は、40歳代から少しずつ衰えてくるようです。

いつまでも自分の口から栄養が摂れるように、皆さんもお口の体操しましょう。

 

 

     飯野歯科院長  飯野新太郎      

 

 

 

12月です。良い年の終わりにしましょう!

こんにちは!平針南の飯野歯科です。

12月に入ったばかりと言うのに、北海道では1日で積雪50センチ!寒い冬になりそうですね.

電車などでマスクをされている方が多く見られるようになりました。インフルエンザも流行ってきました、皆様は風邪などひいていらっしゃいませんか?

 

今月は、お口も年を取る話をさせてくださいね。

実は、私の父が、88歳で肺炎で入院したら、お口の筋肉も衰えていて口から食べることができなくなってしまったのです。糖尿病もあることから、胃ろうを選択するに至りました。

こうなる前に、何かしてあげられることはなかったのか?と考えました。

お口の筋肉を鍛える体操や、日頃の暮らし方で心掛けることを、もっと伝えておけばよかったと思いました。

一つずつ皆さんにご紹介しますので、時々このブログを開いてみて下さいね。

 

 

さて、みなさんオーラルフレイルという言葉をご存じですか?「オーラル」は口内の、「フレイル」は虚弱、という意味ですが、簡単にいうと口腔内で起こる体の衰えのことです。それは気づかないうちに様々なかたちであらわれます。

 

 

お口の大切な役割は主に大きく2つに分けられます。

1。食べ物を噛んで飲み込み栄養を体に取り入れる役割、

2。会話を行いコミュニケーションを取るための役割です。

このような当たり前のことの機能が低下してしまいます

 

 

1…虫歯や歯周病で噛める歯が減ると、噛む力が低下して噛み切れないものが増え、今まで同様に栄養を摂取することが難しくなります。

2…口の周りの筋肉が衰えて唇や舌を動かす機能が低下していくと、食べこぼしが増えたり会話が上手くできなくなります。すると、会話を控えるようになるなど、コミュニケーションに支障がでてきます。

そうなると外出することや人と会話をすることを避け家の中に引きこもりがちになり、心までふさぎ込む方もでてきます。

 

 

そんなオーラルフレイルをただの老化現象として受け入れてしまってはいけません。

少しの意識と努力があれば、いつまでも食べたいものを美味しく食べられ、人との会話を楽しむことができるのです。

 

 

まず簡単なことは、できるだけ外出するように心がけ、社会との関わりや人との会話を積極的にすることです。

そして、歯科検診を定期的に受けて自分では気づきにくいことやお口のケアを指導してもらって、しっかり噛んで、お口からしっかり栄養を摂る!!ことが大切です。

次回は、お口の体操をご紹介します。

院長 飯野新太郎