2017年 9月 の投稿一覧

歯科衛生士の山内です。沖縄旅行!2

こんにちは。天白区平針の飯野歯科です。

今回の担当は、歯科衛生士の山内です。\(^o^)/

9月の連休のお休みを利用して、今年2度目の沖縄へ行って来ました(*^◯^*)

今回は青の洞窟という有名なところでダイビングを体験して来ました。
海の中を探検するようで、太陽の光もありますが、薄暗く神秘的な世界でした✴︎

  


那覇からは少し離れた美ら海水族館へも行って来ました!
大きな水槽にはジンベイザメが2匹いて、その周りにはマンタや小さな魚が群れを作って泳いでました!
ジンベイザメは他の魚を圧倒する迫力がありました!!

 

沖縄料理もたくさん食べました(*´ω`*)
写真のてびち(豚足)そばボリュームがあり、なかなか名古屋では食べられない味でした!


 
今回も二日間の旅行でしたが、楽しく充実した旅行でした!!
沖縄は時間の流れがゆっくりで、自然もいっぱいで心が癒されました(^。^)
 

歯科衛生士 山内あゆみ

ナゴヤレプタイルズワールド2017

おはようございます。平針南の飯野歯科です。

朝晩涼しいですね。暑さ寒さも彼岸までと申しますが、今年は残暑が短くて過ごしやすかったですね。

皆さんお変わりございませんか?

昨日一昨日と、吹上ホールで、ナゴヤレプタイルズワールドが開催されていました。

猛禽類や、爬虫類の販売会です。動物園感覚で観に行ってきました。

可愛い写真だけ載せますので、楽しんでください。大賑わいでしたよ。

 

 

 

  

 

  

 

ゆっくりと動いて、なかなか可愛いんです。エサがネズミやヒヨコなので、ちょっと飼うには勇気がいるなぁと思いました。

 

飯野歯科院長 飯野新太郎

 

 

おまけの『眠り猫』

おまけの写真です。

 

 

日光で有名な眠り猫も、綺麗にお化粧されています。21センチと小さいのに驚きます。

 

可愛いお顔です。真下から見ると肩をいからせて獲物を狙っているように??柱があって真下からは見えませんでした。

 

『日光の三猿』の彫刻

こんにちは。天白区平針南の飯野歯科です。

残暑はどこへやら、一枚羽織りたくなる涼しさですね。皆さま、お変わりございませんか?

今日は、知っているようで知らなかった話を…

今年、日光東照宮の『陽明門』や『三猿』が大規模な改修工事を終え、鮮やかな色彩に蘇りました。

『見ざる聞かざる言わざる』の三猿は、子育て時期の親の姿勢を示すものだと初めて知ったのです!

ご興味のある方は、読み進んでくださいね。

 

まず、国重要文化財「神厩舎」の全景です。神馬がお勤めする馬屋です。

壁に人の一生を表した8枚の彫刻が飾られています。

 

一番左の彫刻は。

  

 

【母親が子供の未来をはるかに望んでいる場面で、枇杷と朱色の雲は「バラ色で実り豊か」な子どもの未来を暗示している。】

左から2枚目が、三猿です。

【幼いうちは、純真で周囲の影響を受けやすい。だから、この世の中の悪い事は見聞きせず、悪い言葉も使わせず、良いものだけを与えよ。この時期に、良いものを身につけておけば、悪いものに触れても(対しても)、正しい判断ができる。】と教えています。

  私は、自分が、悪いものを見ない、聞かない…なのかと思っていたので、子育ての親の姿勢を言っていたのか!と、新鮮な驚きでした。

あと6枚の彫刻で、人の一生です。ざっと並べておきますね。

 

   

左は、孤独に耐えつつも、独り立ちを決める猿。

真ん中は、青年期の2匹の猿が希望をもって上を見上げています。右上に青雲が記され、「青雲の志」を抱いた若い猿と解釈できる。

右は、辛い事にあって、友達に慰めてもらっている様子のようです。

 

   

 

2匹の猿は、結婚を決心を固めた猿と、決断を迫られている猿のようです。

真ん中の彫刻で2匹は結婚し、荒波も二人で力を合わせて乗り越える様子を表しています。

最後の1枚で、結婚した二人が協力して荒波を乗り越え、平安な家庭環境を整え、子宝に恵まれ、子供が生まれれば親になり、最初の面の子育てへとめぐることになります。

そして永遠の命が受け継がれて行く。

子は、「悪い事は見ない。聞かない。話さない。」そして、「平安」な心で育てられなければならない。幼児期のあるべき環境を『長春(バラの別名)』が象徴しています。

 

以上が、三猿を含む8枚の彫刻の教えだそうです。目からうろこでした。

最後まで読んでくださって、有難うございました。

  受付 飯野準子

 

 

 

 

 

 

タイ旅行 加藤朱華です( *´艸`)

こんにちは、歯科衛生士の加藤です!
今回お休みを頂き、タイのバンコク・アユタヤへ2泊4日旅行へ行ってきました\(^o^)/

初めての海外旅行、さらに初めての飛行機だったのでドキドキしながら向かいましたが、タイの方やツアーに一緒に参加された方々皆さん優しくとても楽しく過ごせました(^^)

現地に着いてからは、朝から夕方までしっかりと観光地を巡りタイを堪能しました!

 

中でも、暁の寺院は建物の上から下まで細かくお花の柄が入っており色鮮やかで綺麗でした(*^^*)

 

   

 

像乗り体験では、像が大きく歩道を歩けなかった為、車がビュンビュンと走っている車道の中を左右にゆさゆさと揺れながら進むので、落ちないかと友達と緊張しながら乗りました。笑

 

そして、驚いたのが一歩街へ出て歩くとセブンイレブンが沢山ありました!笑
日本よりも店舗があるのではないかと思う程ありましたが、初めての場所で見慣れたお店があると少し安心感がありますね。

 

何はともあれ、雨期の中お天気にも恵まれ、何事もなく無事に帰国することができ充実したタイ旅行でした(^^)♪

                                         歯科衛生士  加藤朱華

9月の食事会\(^o^)/

こんにちは。平針南の飯野歯科です。

歯科衛生士の小出です!恒例、毎月の食事会に行ってきました。

今回は栄の国際ホテル近くにあるkatanaというお店にお邪魔しました。

前菜から始まり鮑やステーキ、天ぷらやお寿司などを食べました。
お肉もお魚も両方あり、全部が美味しくてお口の中がとっても幸せでした
朝晩涼しく風邪を引きやすい季節ですが、たくさん美味しいものを食べたので乗り越えます\\٩( 'ω' )و //

 

 

     歯科衛生士 小出優里

9月になりました。\(^o^)/

こんにちは。天白区平針の飯野歯科です。

9月になったら急に、朝晩涼しくなりましたね。今月も元気に頑張ります!

皆さんお変わりございませんか?夏の疲れが出ませんように。

 

 

さて、夏休みが終わり、子供達は新学期が始まりましたね。

お母さんたちは、正直ほっと一息という感じでしょうか。

 

 

今年は上野動物園にパンダの赤ちゃんが生まれ、話題になりましたね。

夏休みにお子さんと一緒に動物園に行かれた方もたくさんいらっしゃることと思います。

 

 

さて、パンダの大好物といえば硬い竹や笹ですが、私たち人間には到底食べる事ができませんよね。一体彼らの歯はどのようになっているのでしょうか?

 

 

パンダは生後3ヵ月頃に乳歯が生え始め、4ヵ月頃になるとお母さんの真似をして竹をかじったりしますがまだ食べることはできません。7ヵ月頃になると乳歯から永久歯に生え替わり始めます(これは人間と同じですね)。そして永久歯が生えそろうとようやく本格的に竹が食べられるようになるそうです。

 

 

人間の歯は親知らずを含めて全部で32本ですが、パンダの歯は生えそろうと42本もあります

また、パンダの奥歯は人間の奥歯の7倍もの大きさがあり、扁平で幅の広いかたちをしているため、頑丈な歯と強力なあごによって硬い竹でも砕きながら食べることができるのです。

 

ですが主食となる竹や笹はあまり栄養価の高い食べ物ではありません。パンダはそれを一日10~15kgも食べますが、糞の量は食べた分の約80%にもなり、栄養として吸収されるのはわずか17%ほどと言われます。動物園に行くとゴロゴロと寝転がっていることの多いパンダですが、これはエネルギーを節約するためなんですね。

 

 

起きている時はムシャムシャと竹を食べ、食べ終わったら横になって体力温存。

なんとも羨ましい生活ですが、「肉食目クマ科」であるパンダが竹を食べるようになったのには少し悲しい理由があるようです。

 

 

パンダは争い事が苦手な優しい動物のため、天敵やエサの競争を避け、さらには増加し続ける人間に生息地を追われたこともあり、中国山岳地の奥地で生活するようになりました。冬眠をしないパンダが冬でも1年中枯れず豊富に食べることができたのが『竹』や『笹』だったのです。

 

 

もともとお肉も食べる雑食系の動物が、優しい性格から消化吸収のあまり良くない食べ物を選んでいたことを知って少しかわいそうな気がしますが、ちょこんと座って細い竹を自分の手で上手に食べる姿は今まで以上に愛おしく見えてしまうんでしょうね。

 

 

しばらく動物園には行っていなかった私ですが、懐かしくなってきたので近々行ってみたいと思います。皆様も足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

  飯野歯科 飯野新太郎