2016年 2月 の投稿一覧

院内感染防止装置 その2

こんにちは、歯科衛生士の小出です!
今回は、毎日何度も行う、器具の滅菌についてご紹介したいと思います。
滅菌とは、ウイルスなどのすべての微生物を殺滅・除去し、無菌状態にすることをいいます。
当院で使っているのが高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)です。


 

まず器具を機械に入れる前に十分洗浄、乾燥させ滅菌パックにパッキングします。

その後圧力容器に入れて蒸気を発生させながら
圧力をあげることで滅菌することができます。

飯野歯科では患者さんごとに滅菌した器具を使用して、安全な環境を整えていますので、

どうぞ安心して治療を受けにお越しください。

      歯科衛生士 小出優里

デンタルショーに行ってきました。

こんにちは、歯科衛生士の加藤です(*^^*)


日曜日に吹上ホールで行われた「愛知県歯科医学大会」「中部日本デンタルショー」に行ってきました!

      

デンタルショーとは、毎年様々な歯科材料や機械などを販売している会社が集まって

商品の展示・紹介をしたり、

歯科医師や歯科衛生士対象の講演会を行っている行事です。

 

上から見ると、何て沢山のブースがあるのでしょう!

学生の時にも行かせて頂いたことがありましたが、学生の時とは違い、実際の診療で患者様に使用した場合を考えながら展示を見ることができました(^-^)


新しい商品なども多く展示されており、サンプルやパンフレットも頂いたので今後も皆様に合う商品を紹介できるようにしていきたいと思います!!

    歯科衛生士 加藤朱華

院内感染防止装置 その1

こんにちは!
歯科衛生士の山内です。

今回は普段使っている殺菌器具の紹介をしたいと思います。
歯科医院は、血液や唾液を伴う治療が多いので、

院内感染のリスクが高いとされている場所です。

当院では、それぞれの患者様ごとに、滅菌殺菌された器具で治療しています。

      

これはハンドピース(歯科用の歯を削る機器)の殺菌器具『ハイストロン』です。
太陽光の約100倍の強力の紫外線を使って10分間殺菌します。

例えば、ハイストロンの中に約1分間器具を入れることで

器具に付着しているB型肝炎ウイルスは不活化(感染能力がない状態)されます。
感染を予防し、患者様に安全で安心な治療ができるよう取り組んでいます。

      歯科衛生士 山内あゆみ

おひなさまを飾りました(^.^)

こんにちは。平針南の飯野歯科です。

春を思わす暖かい日があるsmileyと思えば、今朝は雪がちらつきました。

インフルエンザも流行っていますが、皆様お変わりありませんか?

 

先日、受付に、お雛様を飾りました。

焼き物で、背の高さは2センチもありません。

チョンチョンとついた目が可愛くて、毎年受付に飾っています。

また、患者様が作ってくださった貝雛の色紙も、壁に掛けてあります。

ハマグリの貝殻が、ちりめんの着物を着ています。

どちらのお雛様も、細かい手仕事で、出来栄えに感心してしまいます。

皆様のおうちでは、もうお雛様を飾りましたか?

立春を過ぎて、雨水に飾ると、良縁に恵まれると言われるそうです。

今年の雨水は、2月19日から3月5日。

いろんな言い伝えがありますが、家族みんなで楽しんで飾りましょうね。

         受付 飯野準子

 

 

デンタルフロスのご紹介

こんにちは、歯科衛生士の小出です!

今回はフロスをご紹介したいと思います。

以前ご紹介した歯間ブラシは、歯と歯の隙間が大きい方に適しており、

フロスは歯と歯の隙間が狭い方に適してます。

フロスには種類があり、糸まきのタイプのものと持ち手がついてるものがあります

糸まきタイプのもの

持ち手がついてるもの

初めてフロスを使う方には、持ち手がついているものがオススメです!

使い方は、フロスを左右に動かしながら、ゆっくりと歯と歯の間に挿入します。

(歯茎を傷つけないようにゆっくりと入れてください)

 

歯の面にフロスを沿わせ上下に動かして歯垢を取り除きます。

フロスを抜くときもゆっくりと左右に動かしながら抜いてください。

歯と歯の間が狭すぎるとフロスが通らないことがあります。

無理に通すと歯茎を傷つける恐れがあるので注意してください。

フロスは慣れるまで大変だと思います!

わからないことがありましたら、遠慮なく質問してくださいね\(^o^)/

           歯科衛生士 小出優里

 

 

レントゲン装置が新しくなりました!

2月4日立春です。春が始まりました!

飯野歯科にも、新しいレントゲンの機械が入りましたよ。

従来のアナログの機械から、デジタルに変わりました。

 一番の患者様へのメリットは、被ばく線量が少ないこと

 二番は、画像を拡大して見られるので、私と一緒に、細部まで

観察していただけるようになったということです。

今まで以上に、虫歯が分かっちゃいます!!

現像時間も短縮され、撮ったらすぐに見ることができます。

明日から使用開始ですよ。(*^^)v

スタッフ一同、ますます意欲的に診療に取り組み、より良い歯科治療を

行ってまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。

          院長 飯野新太郎

 

 

 

 

明日は豆まき!

こんにちは、院長の飯野です。

 

鬼はそと、福は内!

23日は節分。

掛け声とともに鬼に向かって豆をまくことで、災いを追い払うと言われていますね。

 

豆をまく理由には諸説ありますが、そのひとつに

“魔(=鬼)の目”に豆をぶつけて“魔を滅する”という語呂合わせもあるようです。

 

豆まきには大豆が用いられる事が多いですが、
大豆には良質なタンパク質やカルシウム、ビタミンEなどが豊富に含まれています。

タンパク質は、歯を構成するのに必要不可欠な栄養素です。

さらに大豆に含まれる「大豆イソフラボン」と呼ばれる成分には、

骨密度の低下を抑える働きがあり、歯を支えている「歯槽骨」や「顎骨」の健康維持にも

効果があると言われています。

 

お豆腐や厚揚げ、納豆や煮物など、積極的に摂っていきたい食材ですね。

丈夫で健康な歯の維持するためには、毎日の食事はもちろん、定期メンテナンスも欠かせません。

クリーニングや口内のチェックなど、ご来院お待ちしております。

          院長 飯野新太郎